映画ランキング

史上最悪の悪役映画ランキング!人間の闇を描くワーストな人物は誰?

史上最悪の悪役映画ランキング!人間の闇を描くワーストな人物は誰?

今回の記事では「史上最悪の悪役映画ランキング!人間の闇を描くワーストな人物は誰?」ということでお伝えします。

映画を観るにおいてあなたが一番恐ろしいと感じるのは何でしょう

地震や津波、隕石などの災害でしょうか

それとも怪物や地球外生命体?

わたしの場合それは人間の悪役です。

人間が何より怖いとはよく言ったものですよね

映画内の悪役はどこかコミカルに描かれていることや悲しい過去を背負った者が多く、悪者だと知りながらも憎めないキャラクターが多いかと思いますが、時に自分のやっていることが悪だと理解していないような悪役たちが必ずいますよね

しかし彼らは共通して魅力的で人の心を簡単に取り込んでしまう。

第三者として見ている分にはなぜ彼らの正体に気づかないのかとヤキモキしてしまいますが、登場人物の気持ちになって考えると思わず彼らの言い分に納得してしまいそうな自分がいて恐ろしくなります。

今回はそんな史上最悪レベルの恐ろしさでありながら同時に魅力的でもある悪役たちが登場する映画をご紹介します!

史上最悪の悪役映画ランキング!第3位 帰ってきたヒトラー :アドルフ・ヒトラー

 

歴史上実在した人物の中で最も危険だった人物と聞いてあなたは誰を思い浮かべますか?

わたしはアドルフ・ヒトラーを思い浮かべます。

たくさんの罪なき命を奪った歴史上最悪ともいえる人物でありながら多くの支持を集めたのはなぜなのか、この映画を見るとその理由がわかる気がします。

 

舞台は2014年のドイツ、ベルリン。ある日公園で煙と共にどこからともなく現れたのはかつてのドイツで恐怖政治を行った総統アドルフ・ヒトラーその人でした。

街や人々の様子が自分が知るものでないことに違和感を覚えたヒトラーは、自分がいる時代が1945年ではなく2014年であることを知ります。

なんとヒトラーはタイムスリップしてしまったのです‼︎

ヒトラーにそっくりな男がいると言う噂を聞いてやってきたテレビ番組の制作者サヴァツキは最初こそヒトラーを馬鹿にしていましたが、あっという間にヒトラーの物真似の完成度の高さに魅了され物真似芸人の特集番組の制作を企画するのでした。

最初は誰もが彼のそっくりすぎる物真似と何を言われても自分が総統本人だと言う態度を崩さない演技を見て笑っていましたが、やがてその弁論の説得力に魅了されてヒトラーは人気者となっていきます。

一方サヴァツキはヒトラーの発言やユダヤ人である婚約者の祖母の怯えようから彼が本物のヒトラーなのではないかと疑い始めますが

 

帰ってきたヒトラーの評価

 

 

 

史上最悪の悪役映画ランキング!第2位 ダークナイト:ジョーカー

ヒース・レジャーの熱演が素晴らしかった本作

このジョーカーと言うキャラクターを作り上げる上でヒースは1ヶ月以上のホテル暮らしをしてジョーカーの高笑いを完成させる、専門書を読んで精神異常者に自分の心を近づけるといった役作りをしたそうです。

2008年にダークナイトの公開を待たずに急死してしまったヒースの死因は薬の併用摂取がもたらす薬物中毒ですが、この死にもジョーカーの役に入りすぎたことが影響しているなではないかと言われているんですよ!

まさに命をかけて臨んだ役だったんですね…

ダークナイトのあらすじ

ゴッサムシティの銀行にマスクを身につけた男たちが現れ強盗に入ります。

金品を盗む男たちですが仲間の1人、ピエロのメイクを施した謎の男ジョーカーによって全員殺されてしまうのでした

一方バットマン(ブルース・ウェイン)、ハービー・デント、ジム・ゴードンの3人はゴッサムの街を守るべく手を組んで活動していました。

3人の力もあり街は沈静化したと思われますがそこに新たな敵、ジョーカーが現れた事でゴッサムは再び犯罪都市へと逆戻りしてしまうのです。

そしてバットマンことブルースの幼なじみであるレイチェルがジョーカーの次の標的となってしまうのでした

ダークナイトの評価

 

 

 

史上最悪の悪役映画ランキング!第1位 時計仕掛けのオレンジ アレックス

 

悪そのものの男を無理矢理善人に変えてしまうと言う内容が衝撃的だった作品

わたしの大好きなジーン・ケリーの歌う雨に唄えばがあれほど恐ろしく聞こえたことはありません…!

先程ご紹介したダークナイトにてジョーカーを演じた名優ヒース・レジャーも時計仕掛けのオレンジから役作りのヒントを得ていたそうです

また本作中ではナッドサッドと言うロシア語の影響を強く受けた人工言語が登場するのですが、字幕をつけてもまったく意味が分からないほどである上、全編にわたり過激なシーンを多数含んでいるため、観るのにはかなり根気が入ります…

時計仕掛けのオレンジのあらすじ

舞台は近未来のロンドン。15歳のアレックス・デラージはベートーベンの第九番をこよなく愛する少年でしたが、その一方で不良グループのリーダーとして毎晩のように暴力行為に明け暮れていました。

段々とエスカレートしていく暴力を楽しむアレックスと仲間たちはある日親切な作家夫婦の家にマスクを付けて押し入り雨に唄えばを口ずさみながら夫婦に暴力の限りを尽くします。

その後ある女性を殺してしまったこと、そして仲間の裏切りによってアレックスは1人逮捕されてしまうのでした

それから2年後、アレックスは完璧な模範囚を演じていました。

その行動に目をつけられ新しい療法、ルドヴィゴ療法の被験者になれば刑期を短くすると言う取引を受け入れるアレックス。

想像を絶するほどの過酷で残酷な治療を終えたアレックスは今まで楽しんでいた全ての暴力行為に嫌悪感を受ける真人間として出所しますが

時計仕掛けのオレンジの評価

 

 

 

史上最悪の悪役映画ランキング!まとめ

史上最悪の悪役映画ランキング!まとめ

いかがでしたか?

今回は三つの史上最悪の悪役が登場する映画をご紹介しました。

悪役でありながら不思議な魅力を放つ彼ら。

観るのに勇気やある映画もありますが是非一度観てみてはいかがでしょうか?

 

 

歴代の中で一番感動できる映画のランキングラストシーンが印象的な映画ランキング、そしてディズニープリンセス映画ランキングなんかも紹介しておりますので、併せてご覧くださいませ!

そのほかにも、全米が泣いた映画ランキング地球外生命体の映画ランキング!特殊能力が目覚めた映画ランキング!もお届けしております!