映画ランキング

ガッカリ映画ランキング!邦画でつまらない映画は?

がっかり映画

今回の記事では「ガッカリ映画ランキング」ということでお伝えします。

胸に期待を込めて映画を見に行ったけれど、引き込まれるような楽しさがなかったという経験はないでしょうか?

キャストは豪華だったけれど、物語が単調に感じてしまったりなどが原因で楽しめなかったガッカリ映画たち…。

ただ、がっかり映画にも楽しめなかったという場面だけでなく、もちろん印象に残るシーンも多いのではないでしょうか。

今回はそんなガッカリ映画を私なりのランキングに纏めてみました!

では早速見ていきましょう‼︎

ガッカリ映画ランキング第4位 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

がっかり映画

本作が最終作の、踊る大捜査線 THE FINAL新たなる希望が、がっかり映画の第4位にランクインです。

大人気のドラマシリーズや、スピンオフ映画も公開されてきましたが、なぜがっかり映画にランクインしたのでしょうか。

あらすじから、見ていきましょう。

映画踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望のあらすじ

2012年公開。

湾岸署内で開催されていた、国際環境エネルギーサミット。

その会場内で、誘拐事件が発生しました。

その後、被害者が射殺体で発見されてしまいます。

なんと、殺害に使用された拳銃は、警察が押収したものでした。

捜査を担当するようになった湾岸署でしたが、第2の殺人が…。

そうするうちに、ユースケ・サンタマリア演じる真下の息子が誘拐されてしまい…。

映画踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望はどこががっかりか

大人気のドラマシリーズや他の映画シリーズに比べてしまうと、劣ってしまっていると感じる方が多いようですね。

メガヒットの作品たちがあるがゆえに、期待をして観ていると内容にがっかりとしてしまいます。

映画踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望の評価

 

 

がっかり映画ランキング第3位 翔んで埼玉

がっかり映画

「パタリロ!」の作者魔夜峰央(まやみねお)が原作で、二階堂ふみやGACKTがW主演したことで、話題になった翔んで埼玉が、がっかり映画第3位にランクインしました。

豪華キャストたちにより、展開していく物語。

では気になるあらすじを、見ていきましょう。

映画翔んで埼玉のあらすじ

2019年公開。

昔、埼玉は東京都民からひどい迫害を受けていました。

そのため、身を潜めて生活し東京へ行くためには通行手形がなくてはならなかったのです。

そんなある日、二階堂ふみ演じる東京都の高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子、壇ノ浦百美(だんのうらももみ)は、GACKT演じる謎の転校生の麻実麗(あさみれい)と出会う。

お互いに、惹かれあう2人でしたが麻実が埼玉県出身だということで引き裂かれてしまいます…。

そんな時、埼玉県解放を願う埼玉県人は救世主を求めて…。

映画翔んで埼玉のどこががっかりなのか

評判は想像以上に面白いという声もある反面、土地勘がない方からしたら話題についていけなかったりという意見が目立ちました。

少々、おいてけぼりになった気分の方も。

他にも、あまりにも埼玉県をけなす内容についていけないといった意見もありました。

映画飛んで埼玉の評価

 

 

 

 

 

がっかり映画ランキング第2位 キングダム

がっかり映画

大人気漫画を実写化した、キングダムががっかり映画ランキングの第2位になりました。

原作の漫画が好きで、実写版映画を観に行くファンも多い本作。

ただ、キャストも豪華でアクションシーンも良かったという声も多いのですが、どんな点ががっかりなのでしょうか?

さっそく、実写版のあらすじを見ていきましょう。

映画キングダムのあらすじ

2019年公開。

中国の春秋戦国時代が舞台です。

戦争孤児の信と漂はいつか天下の大将軍になることを夢見ていました。

そのため、二人は剣術の腕を磨く日々。

そして、泰国王に仕える大臣の昌分君が現れ、なぜか漂を王宮へ仕えさせたいと申し出てきたのです。

信も、漂を送り出しましたが漂が瀕死の状態で信の元へ帰ってきました。

そして、死ぬ直前信に地図を渡した漂でしたが、目的の場所に向かった信の前には死んだはずの漂が佇んでいる姿が…。

映画キングダムはどこががっかりなのか

キングダムは、原作の漫画のファン視点だと期待外れだったといった、声が多数ありました。

内容が薄いといった印象が強く、がっかりだったようです。

映画キングダムの評価

 

 

 

 

がっかり映画ランキング第1位 無限の住人

がっかり映画

木村拓哉主演の実写化映画、無限の住人が第1位にランクイン。

沙村広明原作の、大人気漫画が豪華キャストで実写版映画として、2017年に公開されました。

原作ファンの意見は、厳しいものが多い印象でしたね。

では、あらすじから見ていきましょう。

映画無限の住人のあらすじ

舞台は、江戸時代の日本。

無限の命を持つ男、木村拓哉演じる万次は、かつて100人斬りと恐れられていました。

罠により、妹を亡くした万次は失意の底に。

その時、謎の老婆から無理やり無限の命をあたえられたのでした。

そんなある日、親を殺され仇討ちをお願いしたいと言ってきた少女は亡くなった妹にどこか似ていて…。

少女を守ると決めた万次でしたが、それは壮絶な戦いの幕開けでした。

無限の住人はどこががっかりなのか

無限の住人は、日本よりか海外での評価が高いようですね。

原作ファンからは、もう少しテンポよく物語の展開があれば、もっと楽しめたとの声などがありました。

ただ、豪華なキャストの演技力や殺陣シーンの迫力などは評価が高いと感じましたね。

映画無限の住人の評価

 

 

 

 

 

がっかり映画ランキングまとめ

がっかり映画

いかがでしたでしょうか?

あなたが考える、がっかり映画はランキングに入っていましたか?

ただ、がっかり映画と周りの評価があったとしても、人それぞれの基準はありますよね。

原作の漫画があったりする作品があれば、実写版映画と比較してみるのも違った視点で楽しめるのかもしれません。

 

 

幻想的な映像美の映画ランキングラストシーンが印象的な映画ランキングも紹介しておりますので、併せてご覧くださいませ!

また、歴代で一番感動できる映画ランキングもお届けしています!